お金 お金 お金

更新日:7月14日

日の本の警護計画は、ナイフ、包丁、バット、卵をぶつける。の防御体制しか考えてないのでは。


イチローさんが言われた"狙撃"なんて言葉だしたら‥‥。

"馬鹿言っちゃいかんよ〜。そんな事有る訳がない。"

と一蹴されるのではないですかね。


おーちゃん、さすが日本警察のこと熟知してるねぇ😁


何年まえだったか、ゲリラが原発を襲うのに対処するという警察訓練が公開されたのよね・・で、ゲリラがどう攻撃したかといえば、海からボートでやってきて迫撃砲を原発の庭に打ち込んで逃げるというものだったよ。もう呆れかえるわ、訓練費がもったいないわで困惑したよ😖


世界は広いが、そんなバカゲリラがいるもんかね??


で、イチロー教官の想定では、20人ほどの北朝鮮ゲリコマが乗っ取ったばかりの宅配トラックなどに分乗して原発になだれ込み、大量の時限爆弾をしかけ、大勢の人質をとって分散しながら都市部に逃げ込む・・

というものでね・・・そのためにはヘリコプター数機を臨機応援に活用するFBI式のスナイパーティームを結成しようと提案したのですよね。 それを言ったら魔物を見るような反応だったわ🤣


けどさ、原発が爆破されて甚大な被害が広がり、ゲリコマの逃亡過程で大勢の市民や人質が殺されたという事態になったら自衛隊と警察連動の狙撃ティームくらい作る予算は出るんだよね。

転ばぬ先の杖なんて日本人は買わないのよね💦 ***************************************

https://www.sankei.com/article/20220713-EMM5FZACBNJYDLL3KT42A7N7QA/


自民党の安倍晋三元首相(67)が8日、奈良市での参院選の演説中に銃撃されて死亡した事件で、殺人容疑で送検された無職、山上徹也容疑者(41)が、母親が入信していた世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に関連し、「自分が安倍氏を襲えば、家庭連合に非難が集まると思った」という趣旨の供述をしていることが13日、捜査関係者への取材で分かった。

山上容疑者は「母親が家庭連合に多額の寄付をし、家庭がめちゃくちゃになった」とも供述。母親は平成10年ごろに入信してから多額の献金を重ねていたとみられ、捜査関係者によると、総額は1億円以上だという情報もある。奈良県警は山上容疑者が長年にわたって家庭連合への強い恨みを募らせていたとみて、母親と家庭連合の関係についても詳しく調べる。

母親は14年8月に破産しており、家庭連合は11日の会見で、破産は把握していたとした上で、献金の状況については「差し控える」としていた。


一方、県警は13日早朝、約50人態勢で現場検証を行い、付近の立体駐車場の壁面に弾痕のような痕が3カ所あることを確認した。駐車場は山上容疑者が発砲したとみられる場所から北に約90メートルで、容疑者側からみて安倍氏の演説場所や、弾痕が確認された選挙カーの後方に位置している。3カ所の高さは地上から約4~8メートル。銃弾のようなものがめり込んでおり、県警は回収して鑑定を進める。


アベさんを暗殺した犯人には、それなりの刑が科せられるとして、では、この家庭連合とやらを放置しておいてよいものなのか??

この教団はアメリカでムーニーと呼ばれ社会問題になったことがあります。(よくは覚えていませんけど)

ジャパニーズだって悪を挫くというストーリーは大好きなんだから放っておかないでくださいよ。


by 遠山の市さん


****************************************


ケニィがフレズノのUSPSAで三勝目を果たしました♪


動画をどおぞぉ☺️



この日曜日は猛烈に暑くてねぇ💦

父は撃たないで、日陰で見学・・でも動画は気張って録りましたよーん♪


**********************************



https://news.yahoo.co.jp/articles/4791c74c754bfae1b5b4a648c352b666bad16197



元信者:

「知った当時は、こんな教えがあるんだってうれしくなって、だけどやっていくうちにいつも『お金お金お金』なんです。献金献金。実際、現実を振り返れば家庭はぐちゃぐちゃでしたね。でもこれは『通らなければならない道』だと聞いていたので。反対されるのも摂理って聞いていたので、そういうことなんだなって」


こう話すのは、富山県内に住む女性です。 今月8日、奈良市で安倍元総理が街頭演説中に銃撃され殺害された事件。 殺人の疑いで送検された元海上自衛官の山上徹也(やまがみ・てつや)容疑者(41)は警察の調べに対し、「母親が宗教団体にのめり込んで破産した。宗教団体と安倍元総理につながりがあると思った」などと供述しているということです。


そして11日、母親が入信していた宗教団体、かつての「統一教会」、現在の「世界平和統一家庭連合」が会見を開き、山上容疑者の母親が信者で、献金していたことを認めました。


世界平和統一家庭連合 田中 富広 会長:

「破綻されたこの家庭の諸事情は私どもも知りません。ただ、破綻されたことは知っています。その後、このご家庭に高額献金要求したかということについて記録上一切残っていません」


母親は1990年代後半に統一教会の信者となり、生活が経済的に破綻したといいます。しかし、詳しい献金の金額は明らかにしませんでした。同じ時期に信者だった県内に住む女性はこう話します。


元信者:

「いくらお金があるかと聞かれる。そんなに貯金はないって言うと、生命保険を解約したり、カードローンですかね。借りられるところまで借りるっていう。自分がやらないと。まあ強迫観念といわれたら強迫観念になるのかな」


女性は借金を重ね、高価な「つぼ」を購入するなどして、10年間で合わせて1000万円近く献金したといいます。巧妙なマインドコントロールで献金せざるを得ない状況に追い込まれたというのです。


元信者:

「(団体を)知らない人はどうしてこんなに(怪しいと)騒がれているところに行くんだろうと思うと思うんです。でもやっぱり入り口はそういうところから入らないことが多いので、それがわかったときにはすでに『これしかない』という気持ちになっているので、あとから(宗教と)わかっても、すべてにおいて説明される。『これはこういう意味がある』と言われると納得してしまう」


一方、世界平和統一家庭連合は11日の会見で、現在はコンプライアンスを徹底していて献金のトラブルは過去のことだと話しました。 世界平和統一家庭連合 田中 富広 会長: 「過去、献金に関してトラブルあったのは周知の事実です。2009年ときの当時の会長が記者会見し、声明文を発表している。それ以降の案件でトラブルはない」 しかし、霊感商法の問題に取り組む弁護士は… 全国霊感商法対策弁護士連絡会 代表世話人 山口 広 弁護士: 「全く白々しい発言だと思います、(信者は)従わざるを得ないんですよ、信者としてはノルマなんですよ、目標だとはいいつつノルマ、絶対に達成するべきノルマなんです、したがって死ぬ覚悟でやれと、何回もそんな資料を見ました。多い人は10億、20億の被害でもありましたし、そういうお金を裁判で取り戻したこともあります。現実にたくさん見ていますし、今も相談を受けているケースがあります」 県内に住む元信者の女性は、山上容疑者のように、家族が信者となり、多額の献金をして家庭が崩壊したケースはほかにも複数あると話します。 元信者: 「実際、みなさんお金の工面で苦労している人が多かったですね。家を売ったり、自分の親の財産まで何とかしようとしたりもありました。人を殺すのはよくないことですし、許されることではない。でも犯人のそのときの気持ちを思うと、切ない思いになります。そのときに何か違う方法で手立てはなかったのかなと思いますね」



https://news.yahoo.co.jp/articles/4e49288c3f9f5fb35f7d1bda477e7d8940d4a952


安倍元総理の銃撃事件で逮捕された男が「安倍元総理とつながりがあると思った」と供述している宗教団体が、きょう午後、会見を行い、「団体に対する恨みから安倍元総理の殺害に至るまでは大きな距離があって困惑している」などど話しました。 安倍元総理の銃撃事件で逮捕された山上徹也容疑者は、これまでの調べで、犯行動機について「母親が宗教にのめりこみ恨みがあった。その宗教団体と安倍元総理につながりがあると思った」などと供述をしていることがわかっています。 こうしたことをめぐり、山上容疑者の母親が信者になっている旧「統一教会」、現在の「世界平和統一家庭連合」が、きょう午後会見を行いました。 団体によりますと、安倍元総理は過去にこの団体と創設者が同じ団体が主催する行事にメッセージを寄せたことがあるということです。しかし、安倍元総理が団体の会員や顧問に就いたことはなく、団体としても安倍元総理の政治活動に関与したことはないとしました。 一方、山上容疑者が「母親が宗教団体に多額の寄付をして破産した」という趣旨の供述をしていることについては、母親が2002年ごろに経済的に破綻していたことは把握しているものの、どのぐらいの献金をしていたのかについては「たどり切れていない」としています。 また、山上容疑者本人は団体の信者ではなく、「山上容疑者本人から今団体にいるメンバーで直接恨みを示された者はいない」と話しました。そのうえで、「団体に対する恨みから安倍元総理の殺害に至るまではとても大きな距離があってその理解には困惑している」として、警察の捜査には全面的に協力していくとしています。



どこの信者にもならない人:

そのうちバチが当たるよ。

(バチは太鼓と三味線にしか当たらない、ってのを知ってて書いてます。)


どこの信者でもない人:

自称「神」は詐欺しようが、貧乏人を虐めようが、人殺しをしようが神罰などは当たらないということを熟知しているのですよ。


**********************************

それにしても、なんというアベさんの死に方だろう・・・

情けなくてヤルセなくて、やり場のない怒りがこみ上げてきます。


アメリカに渡ってからというもの

多くの日本政治家をTVで観てきました。

歴代の首相がアメリカにやってくるのですが、どれもこれも国際舞台に立たせるにはチンケで恥ずかしすぎるという気持ちで悲しく眺めていたものです。


ところが、アベさんは、当たり前のことをしっかりと言い、堂々として日本の存在感を世界に見せつけてくれました。憲法改正にも積極的で、日本を外敵から守れるようにしようという当然なことをしようとしていました。


そんな日本の宝をコトもあろうに政治理念さえない男が、ただ怒りに震えてふつつかな知識で乏しい照準器さえない散弾拳銃を作り、ほぼマグレ当たりでアベさんを殺した。

警察の警備部がこれまたシロートのバカモノぞろいの役立たずバカりだった。


なにが痛恨の極みだ!!😬

それは頭の悪い警察組織を作った国民の言葉だ!!


*****************************


ボクが現場の指揮をとるとしたら、まず後ろに移動式の壁を立てる。これで警戒する角度が半分となるので警備員の目を前方180度だけに向けることができる。できることなら前方には半円形の防弾ガラスを立てたい。


今回の事件のように、演説中に後ろを通行人が往来できるなんて、警察も選挙運動員たちもコトゴトク無能だと言うしかない。すでに日本人の危機意識の欠如は世界の笑いものとなっている。無知も甚だしい!!


とはいえ、選挙運動で街頭演説に立った人を守るなんて予算的にみて可能ではないと想う。

もしも狙撃のプロが暗殺を計画したら今の警備体制だと人員を増やしても守りきれるものではない。


この悲劇を繰り返したくなかったら、要人の街頭演説そのものを一切止めるべきだ。国民との握手の数の多さが票の数につながると考えるのは、日本全体が幼稚だということ。テレビのニュース番組やインターネットで候補者の主張をいつでも誰でも観られるようにすれば済むことではないか。







閲覧数:1,693回15件のコメント
Ichi logo t.png