イクストラクタを磨く

ボクは、試合中に起こったジャムに怒ったよ💦

1911をジャムらせないための勉強はさんざしたけど、グロックに対して真剣になったことはなかったのよね・・・

今回のジャムが動画に入っていたので観てみましょ↓


ランプの滑りが良くなかったのは確かだけど、今度のはチェンバー内に弾のアタマが突っ込んでいるよーだ・・ちゅうことはイクストラクタが怪しいぞよ。


前回の試合ではジャムなしで、今回は一度だけ出た・・500発に1度ということは古薬莢の尻が変形していたせいかもしれないのだけどね・・

では、エクストラクタを診よう・・

おおうっ!!

・・・ワカッパふりで解ってない😅

グロックのダメイジェクタとランプの不磨き(造語)から推し量るにだよ、イクストラクタにも雑なジョブしとらんだろうかという想いもあったんだよね・・

ふむふむ・・よくよく診ると、爪の入り口は感心できないという気がする。 ジャムしないと宣伝しているイクストラクタが発売されているけど60ドルする。でも、そいつを飼うまえにちょいと磨いてやろじゃないの♪


この赤丸内の爪の端っこを

チョチョチョとヤスッてみたわい・・・ 薬莢の尻の入り口を広げてみたのさ。とうぜんソーあるべきやろが・・・

😊うふふふ・・ このウィルトンヴァイスを使ったよ♪ ミーやんとデッカよ ウマラヤシガレ〜!!!😆 わーははははぁ😁

1911の巨匠 ジム ボウランドさんのお古だぞぉ!!! 🗣サイン入りだぞぉぉおおぉ!!!


これこれ、頭が高ぁい〜!!

ははぁ🥶


そして1500番の紙やすりで スリスリスリスリスリスリの スーリスーリしたわ♪ うーん😊ルックスグゥー🤗 グロックはジャムしたことないちゅう人はいるけど、はたして何発撃ったのかぁ??・・ あのね、クリーニングなしで千発を撃ち、それが毎月続いて1年間は続かないとイカンのよ。暑い時も寒い朝もオイルが少ない時も動き続けないとジャムラン賞はもらえないのよっ🖕 あるときのスティルチャレンジ大会でグロック使いの新鋭だったローガン君と天才少年として超有名になったKCとの対決があったんよね・・ ローガン君はKCの出した世界記録に挑戦、KCはグロックのオープンでマックスミシェルを倒そうとしていた・・記憶はアイマイだけどさ💦 その大会でローガン君のグロックは2回ばかりジャムったと想うがKCの記録を更新することができたんじゃ。

一方のKCはZEVのカスタムを使った。 これが最初のランからジャムって、アレレと観ていたら全てのマガジンでジャムってねぇ💦 そこでKCは4梃ほど持っていたグロックカスタムから選びなおして撃ち始めたものの、それもジャムの連続でねぇ💦 誰もが信じられない想いで眺めていたよ・・・ その後のZEVは良くなったらしいけど、優勝候補筆頭のKCでさえそんなことがあったんだよね〜・・・ ワシ想うに・・ グロックの設計自体は悪くない(不満はあるが) ただ、パーツの仕上げは良くないと感じるのよ。 イジェクター不良は改良されたが、ランプの荒さとイクストラクタの爪にまではシンケイが行き届いてないと想うのよね。 ま、これらはどの銃も似たようなものなんだけどさ。 どんなに外観は良くっても、ランプとイジェクタとイクストラクタが良くないとダーメダーメなんだよね。 さあ、これからのグロックが楽しみだね。これでもダメかもしれないのでタクミスミスにあるモノを託したさ♪ そして別売の$60$イクストラクタも試すさ😊

by ジャムグロ更生会委員長

それにしてもアイフォンはよう写るなぁ😲

1,085回の閲覧60件のコメント
Ichi logo t.png

Copyright 2020 TACTICAL LIFE by ICHIRO NAGATA