top of page

エックス構成にトライしよう!!


背景との調和か〜。


ヤバイな〜、スゲー苦手かも。


調和してるのが分かっても、自分で調和を作り出すのはムズイ!。何をどう動かすと良いのやら。


ナイフの対角配置と縦画面を動かさずにどうしたらM4がウルサクならないか?。


捻り出した答えがコレ。


M4タテ配置!。


ボルトの主張をブレードで隠す。



それにしても、ライトを使用したとたん難易度が急上昇!。


窓辺で太陽光の元で撮影したい・・・



どっちかとUと横から見たほうが自然だなー・・

マガジンがヌボーと目立って辛いぞー!!

いつものセットで補助光なしで撮ってみようかね。 今日はまだ直射日光が射していて光り物には難しい・・けど、ちょうど木の枝がそよいでいて木漏れ日で撮れるので楽しみよ♪ ナイツナイフなのでナイツライフルを持ち出すべきなんだが、まあカンベンね。

はいよっ♪ 2分で終了ね😁 木の葉から漏れる光を見ながらサッと切ったよ。 どうね?・・ 自然にナイフが銃にマッチしてるじゃないの。 素直に撮るだけさ😊

では縦いこ、タテ・・・

ちょうど葉の影がブレイドに当たったのでブレイドが暗い。もちろんサンプルのために撮ったさ。 やりなおーし・・

ハンドルにあたる木漏れ日が素敵だぁ(*゚∀゚*)


ちょっとナイフを上にズラそうか・・・

おっ♪ ブレイドが明るく、なんとマグの上に影ができた。これはようフォトショでやる手だけど、自然に入るとはモウケだね♪ この影1ポンで画面の調和がバシッととれたぞー!!

それとARのロゴが見えたほうが なにやらカッコ好いしな♪


そうして観るにだ、これらのフォトにはあるパターンがあるきめですの定理なんだ😁


それはこれっ!!!


イーチの好きな「エックス構成」よぉ〜😆

諸君も、堂々たるXラインを描いてみなさい。 by ここまで教えたら損するな、でもしゃーないや・・と人の良さをみせてるボク

閲覧数:499回24件のコメント

24 Comments


MIZ
MIZ
Jul 11, 2020

書き忘れ。

柄と鞘は近代のもの。目釘は装飾ネジですから。

はばきも近代のものでしょうね。

Like

MIZ
MIZ
Jul 11, 2020

厚みはこのくらいです。

(フォトはず〜っと下に)

数値だと、はばき付近で6.5㎜でこれが最大厚。切先付近にいくと5.5㎜。打刀と比べると1㎜は薄いみたい。

幅も狭くて、はばき付近で1.8㎝ほど。こちらも打刀と比べるとかなり細身。

平安〜鎌倉時代の鎧通しのカタチでは?とのこと。その時代のものではないみたいですけど。

名は付いてて『吉光』とありますが、こちらも『土佐吉光』であるかは不明とのこと。

平造りのカタチは似てるそうですが。

私ゃそんな歴史的背景はドーデモよくて、この細身で美しい姿にヒトメボレしたので。しかも、ヒストリーが怪しいからか安かった!。


DECCA NOVAさんの『持ち物』にはスゴいのがまだまだありそう・・・

私も『大藪』世代(の入口か?)。親父から引き継いだ初版本を幾つか持ってます。


Like

Unknown member
Jul 11, 2020

でっかくんのお父さんは一体何者?

Like

Unknown member
Jul 11, 2020

みーやんの鎧トーシ 厚さを見せてな

Like

Unknown member
Jul 11, 2020

iPhoneでもこのブログよく見える。音声入力でコメントしてます♪

Like
Ichi logo t.png
bottom of page