top of page
  • 市

🏆サメジ兄さん優勝🏆


サメジ兄さんがアリゾナ ステイトマッチを戦っているとき、ケニーはこんな拳銃を試していました。


ミッキーさんがダダにくれた45カスタムに載せるためのマーヴェルを貸してくれたのです。

そのかわりダダはミッキーさんにルガーカービンを貸してあげました。


夕方になってアリゾナの試合結果を見ますと・・・

オープンクラスで優勝ですぅ\( ˆoˆ )/🏆 ♪アリゾナ1番 サメジも1番

3時のオヤツはゼストだよ〜♪😁


で・・もしもケニーが9mmカービン部門を

撃っていたら・・・



昨日のケニーは70秒だったので

😊😋😁楽勝🏆不戦勝😅 ではタクミさん、サメジ兄さんの動画を

ここにオニガイよっ🙏


サメジー優勝おめでとう🏅

by タクミ





閲覧数:951回17件のコメント

17 Comments


市
市
Oct 21, 2020

いけねぇー!! 😠

舌戦は二日後だったぁ💦😓


では、仕事にもどるナリ😅


Like

DECCA NOVA
DECCA NOVA
Oct 21, 2020

いやいや、まさしくプロの講義。そうだったんだぁの納得しきりです。 僕のは感想で、MIZさんのは知見。プロとアマ、天と地の差が有ります❗ 知らないことを知る。 これだからココは止められません…

Like

市
市
Oct 21, 2020

にゃーるほど ザ・カーワールドだね~♪


ところでもうすぐトランプ対バイデンの舌戦が始まるので待機中ナリ。今回は片方が話をしているときにはもう一方のマイクは切られるのだそうで聴きやすいかも。


信じがたいけど、大きなメディアはバイデン一家の悪行に知らんぷり。アメリカにもこんなに多くのサヨクがいたとは驚いてしまうよ。


しかしYouTubeではバイデン批判がカマビスシイので国民のバイデン離れはあるのではないかと期待しとるよ。


Like

ヨッシでやんす! MIZさん、バッテリー、アイドリングストップについての講義ありがとうございました!全然エコでは無いんですね〜。プロのお話が聞けて嬉しいっす!

Like

MIZ
MIZ
Oct 20, 2020

クルマのバッテリーについて、自動車業界で働く技術屋の知見を少々。

(全くの専門外ですけど・・・)


クルマのバッテリー、今はハイブリッド車があるから『始動用鉛バッテリー』と書かないと『走行用バッテリー』とゴッチャになりますけど、『始動用鉛バッテリー』のはなし。

通常、カーバッテリーは12Vの電圧で、電流と容量(アンペアアワー)はバッテリーサイズで違います。

フツーの人は電流計なんて持ってないでしょうから、何アンペア流れた、なんて事は意識しない。でも、「バッテリーあがった!」なんて時はテスターで電圧は測る、って人は多い。

公称12V。実際は12.2Vぐらいでクランキングは厳しいでしょう。「セルが回らん!」な状態。元気なバッテリーは12.5はあります。たった0.数ボルトでエンジンかかる、かからないの差に。

ましてや、バッテリーの劣化は電圧では全く分からない。

バッテリーの劣化は、必要電流を流せない、な状態ですからソレを測らないと劣化してるのか、単なる充電不足なのかが判断出来ません。

そこで必要になるのが『CCA』。

コールドクランキングアンペアの略で、ざっくり言うと、寒い時に規定時間にどれだけの電流を流せるか、という値です。360Aとか400Aとか600Aとかの電流値です。バッテリーに記載されていたり、バッテリーサイズからの換算表もあります。

自分のクルマのバッテリー、元気なのかオダブツ寸前なのか、このCCAを測ることで判断出来ます。使用年数での劣化判断は出来ません。使用環境、状況で『寿命』はまるっきり違いますから。だからCCAという『モノサシ』を使います。『バッテリーチェッカー』とか、『CCAテスター』なんて名前で数千円で売っています。測定&判定はバッテリーの+-端子にCCAテスターを繋ぐと勝手に測定&判定してくれます。CCA公称値の70%以下だと交換ですかね。


で、バッテリー劣化の原因が『サルフェーション』という現象。バッテリー内の電極に鉛が付着して電子の移動を妨げる。結果、バッテリーから電流を取り出せない。

このサルフェーションの付着を取り除いたり、付着を防止すればバッテリー『寿命』は劇的に伸びます!。

そこで使用するのが『デサルフェーター』なる商品。これまた数千円で買えます。バッテリー端子に取付します。ノイズの影響が無ければ付けっぱなしでもよいし、毎日乗らないとかノイズの影響が、なんて状況だと月一ぐらいでバッテリー充電時にデサルフェーターを同時に接続してやればOK。これでバッテリー寿命を劇的に伸ばすことが出来ます。


最後にアイドリングストップ機能。

『ク(ピーッ)』です!

地球環境に悪影響しかありません!

ほんの僅かなガソリン節約&二酸化炭素削減の為に頻繁なバッテリー交換を要求します。バッテリー製造、廃棄に必要なエネルギーでの二酸化炭素排出量のほうが遥かに多い!

カタログ燃費を稼ぐためだけです!

ユーザーの負担もバカにならない!

だからトヨタはやめた。

そして『ク◯』機能のトドメが、アイドリングストップ機能をオフにしても次にエンジンを掛けるとオンになってしまうこと!

イグニッションオフ前の状態から次にスタートする『ラストモード』をせめてせめて搭載して欲しい。バッテリー負荷よりも僅かな燃費が大切!って人だけ使えばいい。

・・・と思うのですが・・・

Like
Ichi logo t.png
bottom of page