top of page

ボルトを診る

PCC→ピストル キャリバー カービン

つまり拳銃弾使用のライフルね

たとえばMP-5なんかもそうだね

これって近距離(100m以内)での戦闘用としては素晴らしく、対人銃器としては5.56mm口径のAR-15よりもノックダウン パワーがあって好ましいのだよね で、いまどきのPCCはMP-5よりもはるかに軽快なスピードで撃てるのでアメリカでは大人気なわけさ♪ でもって、これらはまだ進化過程にあるんだけど、目下のところ泣き所はボルトなんだよね・・・

左のは以前のボルトだけど少し信頼性に欠けるので(削ってかなり良くなったけど)試合用にと右のをゲットしたさ・・ 見かけは似てるけど構造がチト違うんだな

わざとオイルを塗らず、

そのままで600発ほど撃ったところ1度だけマルファが出たのでボルトの先を見るとこんなふう・・ イクストラクタにギザギザのマークがあるよね、カートの尻のヘリが当たった痕跡だね・・ チェンバーのカートを押し込むとき、この部分がヘリに当たってイクストラクタは押し上げられて尻をくわえるわけだけど、かなり乱暴なメカニズムなんだわ💦 5千発くらいでイクストラクタの爪が割れてしまったことがあるよ💦 ファイリンピンも3千も撃ったら折れると覚悟した方がいいんだよ だから試合用の新しいボルトは千発くらい撃って温存するわけね

そこでまずイクストラクタの表面をウントコサ磨いて

ツルっツルにしたよ これでいくらかモチがちがうだろうな



その他、当たって光っている部分にも

磨きをかけるんでい😊

そこに頼んでおいた新しいブレットが1万発届いた♪

ベアクリークの125グレインだよ♪

以前にテストしたらジャケテッドに

マサルトモオトラナーイ結果だったので♪

ベアリングサーフェス (ライフリングとの接触面積)が 115グレインより多いので 精度は高いのだソーダ

で、チェンバーに叩き込まれたブレットを見ると先っちょがツブレている💦 すべてのPCCがこうなのかもしれない

チェンバー入り口の この赤くなった部分にブレットの先が当たるんだな・・ ふとしたハズミに、これが原因でカートが上を向き、

マルファするわけさ・・

1度のジャムはそれだったわけね

そこでブレットの先端が当たる部分を

少しヤスッて磨いたよ

したら赤マークは激減した😊

けど完全じゃない・・けどこれ以上削るとヤッキョーの尻が破裂する可能性が出てくるのでエンリョするノデアル😅 さっそくニューブレットを試したいのだけどアイニクの

嬉しい雨さ(水不足だからね) んで、明日も雨らしい😣😊😢😁

by 嬉し悲しは人の常、と達観している父


チカモクド:

ちなみにブレットの尻が変形すると精度は落ちるが先端の変形は影響しないという。すくなくともピストルでの経験ではソーなんよね・・・


閲覧数:528回12件のコメント

12 Comments


だみあん
だみあん
Mar 12, 2021

アサルトライフルの法律に対応するための、グリップに取り付ける板の固定ネジが蝶ネジなのが楽しいですねぇ。 ボルトストップリリースレバーが付いてた所も穴が空いたままなんですねぇ。 ボルトやエキストラクターがジャムしない形ってどんな風になるのか興味深々です。

Like

ルシファ
ルシファ
Mar 11, 2021

ブレットの入ってる素っ気ないカードボードのボックスでさえも、好き者にとってはお宝なのよん😅

Like

エクストラクタの下側には溝が彫ってあって、カーボンの噛み込みがなくなる工夫がしてあるのね。かなり神経質な部品にゃ(≧∀≦)


1箱、約4kg、運ぶの大変だにゃー(^^)。左上の方にジャケッテッドのカートが一発転がってるにゃー。もったいにゃいからミャーがもらうにゃ( ´∀`)

Like

PCCのボルトは進化過程にあるとイチローさんは仰られていましたが、時を重ねていけば、しっかりしたボルトも製品として世に出て来るのでしょうか。

Like

市
Mar 10, 2021

>こんな小さな鉛の塊を「美しい」と感じてしまった…!


伝わりましたか・・・🤗 

ただの鉛だけど25m先の目ん玉を貫ける能力を秘めているとなれば、そいつは美しく見えてくるわけで、したら美しく撮れるわけですよ♪ 

美しく見えたら美しく撮れるわけで、美しく撮れないのは、まだその美を理解できてないショーコなんですわ😁


Like
CYPRESS
CYPRESS
Mar 12, 2021
Replying to

そうですね。

心、これが重要。

技術だけでは作品を作る半分だけしか満たしていません。

ベラスケスの回顧展へ行った時、使っていた青、この美しさには驚きました。

間違い無くとんでもない値段の顔料を使っていたはずです。

でもねぇ、それだけなんです。

すっからかんの絵ばかりでした。

心を動かすものがありませんでした。


まぁ、心の中に共通するものが無かったのも間違いないでしょう。

だから心が動かされなかったとも思います。


では、

技術と絵心があれば人を感動させるか?

これは、させるようです。

マネの「笛を吹く少年」、ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」。

この2枚は素晴らしかった。

間違いなく名品であり、日本はじめ世界中で人気がある絵師であるのも納得の作品でした。


「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」は5.1chの様にあちこちからざわめきが聞こえてくる作品で、傑作と呼んでもいいでしょう。


だが、だが、だが、

感動的な作品ですが、好きな作品かと問われれば、否。

否!

2,30分、近付いたり離れたり、座ったり、右側から、左側から見ましたが、

好きにならず。


感動しましたが、好きにならなかったのはこの2枚がはじめてでした。


やはり、同じものが心に無いと好きにはならない、と納得、確信しました。

Like
Ichi logo t.png
bottom of page