GUNたんの猛撃

皆様、明けまして おめでとうございます🙇‍♂️ 元旦は金曜日でしたので

フライデイマッチが行われました。 ケニーの今の技量を看るために今回はOpenとPCCOでのエントリーでした。 最初のステイジはアクセルレイターでした・・が、ケニーは4番ターゲットを連続ミスし3秒ペナルティーを3回も出すという意外な展開から・・・ あ・・😅このテはもうダメね💦


じつは 凄かったんですよ😲 ケニーのやつ、まるでバネ化した小僧のような猛撃を叩きつけたのです。中盤にかかるとこりゃとうとう60秒切りだな・・と想わせる勢いでした。 今の作戦はこうなんですよ・・ ペンジュラム、5 to Go、アクセルレイター、スピードオプションの4つは2秒以内で撃って計8秒以内に収める。そしてアウターは10秒。ランダバ、スモホ、ショウダウンはなるべく計6秒切りで・・・ こりゃ、とんでもない挑戦ですよね💦 でも、こんくらい出さないと世界の壁は破れないのです。去年のPCCOチャンピオンは60秒をわずかに超えていましたけど、今年は切ってくるでしょう。 そうなんです、ケニーの狙いは大人のチャンピオンと勝負することなのです。 そのために、考えつく限りの訓練をしているのです。 そして、なんとしてでも60秒を切ろうと

目指しているのです。 できたら最初の音速超えは今月中に達成したい・・そして2月と3月で、それを安定させたい、、というのが悲願のようになっていました。 ダダ、ぼくはダダにも撃ってほしいよ・・・ いやいや、ダダはもう落ちるばかりなので、その分のプライマーをケニーが使って上達するんだ!! こうする事は父としては当然のことながら、ケニーにはプレッシャーになっているのです。 もちろん、それを見越しての作戦ではありますけどさ😁 試合はプレッシャーとの闘いですからね。 で、2021年の元旦の今日・・ ケニーはやってくれましたぁ!! \(^o^)/

😲58.99秒!! うぉおおおぉぉ🗣


↓ハイライト動画です



いつも感動しながら観てくれてる皆さんも、まさかの60秒切りにコングラーツ(おめでとう)の連発でした。

この日本小僧がマリポサ ピストルクラブから世界に羽ばたきます。

ちなみに、マリポウザの意味はスペイン語で蝶々。


元旦の太陽が高々と・・

なんとUFOも祝福してくれてますよ😁



すみません、

今日ばかりはデレデレと笑わせてくださいまし😁


で、ピストルはどうだったかといえば・・・

タクミ様、動画をよろしくぅ🙏


はい〜😄

もう僕には音だけ聞いてどのステージ撃ってるかは分かりません…byタクミ


タイムは72秒台でした・・けどね、かなり力強く撃ったのですよね・・ところがジャムが出てね〜😅それで3秒ばかし食ってしまったのですよぉ😂 ま、これも時間の問題でしょうね♪


ところで、来たる1月6日にはトランプ対バイデンの決闘の日らしいのですよ。 今回の選挙は中共が民主党のバックにいて遠隔操作でコントロールされたという証拠がたくさんあるらしく、その決着を6日につけようとしているようです。もし、ここで民主党を壊滅させることができなかったら戒厳令が発令されて軍事法廷で決着をつけることになるかもしれないとか・・・。 トランプ陣営には頑張ってもらいたいです!!

619回の閲覧14件のコメント
Ichi logo t.png

Copyright 2020 TACTICAL LIFE by ICHIRO NAGATA